バイクの廃車には種類がある

この記事の所要時間: 218

バイク廃車の種類

バイクの廃車の種類について記載しています。

バイクだけに限らず、廃車を行う際には2種類存在する事を覚えておかなければなりません。
廃車は廃車をする目的によって、行う手続きが異なります。
もしも長期間に渡って乗らないバイクがある場合には、無駄な税金を支払う必要もありますので、廃車手続きというのは非常に重要な作業となります。

廃車の種類って?

永久抹消登録

永久抹消登録というのはその名の通りですが、今まで乗っていたバイクが事故などに遭い、もう乗る事がない場合などに行う廃車方法となっています。
こちらは再登録も行うことが出来ませんので、二度と乗らない時のみ行います。

一時抹消登録

一時抹消登録というのは、今後また使う予定があるかもしれないという場合に行う手続きです。
盗難にあって後々帰ってくるかもしれない、海外に転勤ンになったなど、一時的に廃車の手続きを行う場合に「一時抹消登録」の手続きを行います。

永久抹消登録と異なり、再登録をすれば再び公道で走れるようになります。
再登録を行う際には、必要な書類を揃える必要がありますので、あらかじめ準備をしておくようにしましょう。

再登録に必要な書類

再登録に必要な書類というのは、排気量によっても異なります。

125cc以下の場合は「廃車証明書」、126cc〜250cc以下の場合「軽自動車届出済証返納済確認書」と「軽自動車届出済返納証明書」、251cc以上の場合「自動車検査証返納証明書」となっています。
上記の書類は、一時抹消登録を行った際に発行される書類なので、必ず大切に保管をしておくようにしてください。
紛失した場合には、再発行されない場合もありますので、注意が必要となります。

買取業者に依頼すると簡単

廃車専門にバイクを買取している業者というのも存在します。
廃車寸前の不動バイクや過走行バイク、事故バイクなど、幅広い車両の買取をしてくれます。
買取をした後には、無料代行で廃車手続きなども行ってくれますので、簡単に廃車が出来るというメリットがあります。
上手く行けばお金にもなりますし嬉しいのではないでしょうか。

廃車を専門に買取をしている業者というのは、解体してパーツを再販したり、鉄などをリサイクルしたりします。
そういった部分で価値を見い出し、お金に変える事が出来るため、買取が出来るのです。

廃車寸前のバイクだとしても、最低保証を付けて買取をしてくれる業者もありますので、一度色々な業者に査定依頼をしてみると良いでしょう。
0円査定になったとしても、廃車手続きを無料で代行してくれるのはメリットが大きいと思います。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする