バイク売却の必要書類について

この記事の所要時間: 253

バイク売却の必要書類

バイク売却の必要書類について記載しています。

愛用のバイクをなるべく高い金額で買い取ってもらうためには、ベストな条件をいくつかクリアしていく段階を優先させる方向性が大事な側面になっていきます。
定期的なメンテナンスを実施して綺麗な状態を少しでもキープしておく事が出来れば、高い金額で買い取ってもらえるチャンスというものは自然に出ていくのです。
また、査定の日程が決まったならば、洗車などの作業にも積極的な姿勢を見せていく事が重要です。

必要な書類は?

必要な書類は、バイクの排気量によっても異なります。

125cc以下のバイク(原付バイク)

  • 標識交付証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑

126ccから250cc以下のバイク

  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証返納済確認書、軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑

251cc以上のバイク

  • 自動車検査証
  • 自動車検査証返納証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑

所有者が自分自身のものであるという証明をする必要が出ていくため、まずは免許証やパスポートなどの身分証明書は基本となります。
求められる書類を想定して、万全の態勢で挑むことが重要なポイントになるわけです。
その一方で、未成年や委任という形で本人以外が売却へ参加する場合は、同意書が主にプラスされます。
お金が発生していく内容が含まれている事から、慎重な手続きを要するというのが一般的な流れにもなるため、当事者はこういった部分についても確認しておく作業が重要です。

支払いなどは査定時に確認が必要

バイクの買取が成立してから金額が具体的に振り込まれるまでに、どれくらいの時間がかかっていくのかについても分析しておく事になれば、業者側の手続きの期間がかかったとしても、十分待つ事が出来るようになります。
業者によっても異なる場合がありますので、査定時にいつ支払いがされるのかは確認をしておくようにしてください。

バイク売却全般は、人間同士の信頼関係が大きく関与していく事になるため、書類上の手続きやそれからの付き合いについても、冷静に分析をしていくような心構えが重要になるのです。

自賠責保険、ナンバープレートなど面倒な手続きは?

また、自賠責保険やナンバープレートの届け出など、まだまだ行うべき内容が残されている事から、面倒な内容においてはきちんと委任出来るような方針でまとめていく部分も、経験が少ない方にとっては推奨される状況となります。
もちろん、オークションなどの場合には自分で行わなければならないのですが、買取業者に依頼する事で面倒な手続きな全て代行をしてもらえます。

お気に入りのバイクをきちんとした形で手放していくような方向が分かれば、バイクの売却における全体的な流れについても簡単に行う事が可能になるのです。

ここ数年では、委任状など必要書類をインターネット上からダウンロード出来るような環境も出ているため、自宅にいながらある程度の書類の記載も可能な状況となっています。
忙しくてバイクの売却の時間がなかったという方にはピッタリな方法となっているので、こういった内容についても一度しっかりと確認するような姿勢を示す事が大事なのです。
これまで語ってきた内容を整理すれば、バイクの売却はひと昔よりもスムーズな方向になっています。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする