バイク売却前に傷を修理した方が良いの?

この記事の所要時間: 248

バイク売却前の傷を修理

バイクの売却を考える場合、エンジンや走行に影響を与えるパーツの状態に注目が集まります。
しかし、売却や買取、中古査定の段階では、バイクに付いた傷も金額を左右する理由になります。
つまり、傷を修理する事によって、バイクの価値は上昇しますし、売却出来る条件が有利になる可能性もあります。

傷を修理する際のポイントは?

ポイントとしては、外観に影響を与える傷であったり、目に付く大きな物から目立たなくする事が一つのコツです。
ただ、売却に大きく影響する傷でなければ、逆に修理をしない事も可能です。

実際にバイクの売却を検討する時は、一度無料査定でバイクの価値を見て貰ったり、価値を下げる理由を教えて貰う事が役立ちます。
査定結果の中で、傷が売却の支障になっている場合は、プロに修理を依頼するか自ら直す事が必要になります。
バイクは車と違って、走行用のパーツが表面に目立ちますし、外装の面積は限られている事が特徴です。
修理を行うとしても、出費に必要な金額は最小限で済んだり、以外にも手作業で直せる事があります。

深い傷や塗装の剥がれは、素人よりもプロに任せた方が綺麗に直せる確率は高まります。
一方、浅い擦り傷程度であれば、手持ちの道具でも直せる可能性は十分です。
バイクの処分を急ぎたい時は、傷直しの時間は限られてしまいますが、面積によっては30分程度の時間があれば直す事が出来ます。

自分で直せるような傷は直しても良い

傷が簡単に消せる条件としては、塗装されていないプラスチックである事、浅い傷で爪が引っかからない程度が目安になります。
粗めのサンドペーパーを始めとして、段階的に中目から細目、そして最後はコンパウンドで仕上げる事が失敗しないやり方です。
これだけでも十分綺麗になりますが、範囲が少しでも広いと感じられた場合は、素直にプロの手にバイクを任せる事が賢明です。
あえてバイクを綺麗にしない方法もありますが、その分売却金額は減少したり、大幅に価値の評価が下がる事が起こります。
ただし、修理をしたからと言って、修理にかかった費用分を査定額に上乗せさせるかと言えばそうでもありません。
自社内に工場を併設して、無駄な経費をかける事なく修理を行う業者も存在します。

傷を直して得をするか損をするかは、修理代金と傷がない状態での査定金額の比較を行い、どちらか高い方を目安に選ぶ事が出来ます。

購入するバイクが中古であっても、消費者は綺麗な方を選ぶ心理が働いたり、良い状態の物に価値を感じる場合があります。
小さな傷は所有者、広い傷や深い傷はプロに任せれば、使い込んだ愛車も見違える様に綺麗になります。
大切な物だからこそ、手放す時に良い印象を残した方が思い出として大切に出来ます。
次の手に渡る人にとっても、傷はない方が好印象になるので、出来るだけ新車に近付ける事がポイントになります。

より高く売る方法は?

バイクの買取業者によっても査定額に大きな開きが存在します。
その中で、複数の業者と比べるというのは必須の作業となっています。
高く売りたいという場合には、3社から6社程度の業者に査定依頼をして比較検討する事をオススメします。
その際には、一括査定サイトを利用するとスムーズに比べる事が可能です。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする