バイクの下取りと買取の違いって?

この記事の所要時間: 244

バイクの下取りと買取の違い

バイクの下取りと買取の違いについて記載しています。

バイクを処分する際にはただ廃車にするのではなく、自分にとってより利益の大きい「お金に換える」と言う方法があります。
この方法としてよく出てくるのが下取りと買取の二つの方法ですが、これらの方法は時折混同されてしまう事もあります。
ですが、それぞれによって方法は全く異なるものとなりますので、バイクを処分する際には、それぞれの違いを把握しておく事が重要になるのです。

下取りって?

ではまず、「下取り」とは何なのかと言うと、これは「新しいバイクを購入する際に、販売店に古いバイクを引き取ってもらう方法」という事になります。
例えば、これから下取りに出すバイクが50万円、購入するバイクが100万円だった場合には、自分は差額の50万円を支払って新車を購入するという形になるわけです。

メリットは?

この方法のメリットは、代替えに当たっての持ち出し金が少ない事と、納車まで古いバイクを乗り続けるのが出来る事です。
一度買い取ってもらってから買い換えを行う場合には、当然ながら次の購入時には自分が全額を持ち出す事が必要になります。
しかし、事前に売却の契約が完了していた場合には、買い換えが完了するまで代わりの車や公共交通機関を使う他ありません。

下取りの場合は、基本的に代替え費用と相殺する形になりますから、持ち出し金が少なく、納車がされた時に下取り車を渡す形になりますので、新車が届くまで自分のものとして扱い続ける事が出来るわけです。

買取って?

対して「買取」はどうかと言うと、これは買取業者などに自分のバイクを査定してもらい、提示した金額を受け取ってバイクを引き渡すという形になります。

メリットは?

先ほどの下取りとは違い業者に買い取ってもらうわけですから、全額を自分の懐に入れる事が出来ます。
また、相手の業者に自分が欲しいと感じる商品が無かったとしても、取引が出来ると言うのがこの方法の特徴であり、メリットであると言えます。
場合によっては、ローンの残債を相殺する形にしてくれる事もありますので、急に経済状況が悪化した場合の対処策としても使う事が出来るでしょう。

下取りよりは手間がかかる事が多いのですが、買い換えを検討している場合にも、「一旦買取業者に高く買い取ってもらい、その金額を予算に入れて新しいバイクを探す」という事が出来ます。
納車までのタイムラグが生じる事などはデメリットですが、その分工夫次第で利益を大きく出来る方法でもあるわけです。

結局どっちが良いの?

一般的には、買取の方が高く売る事が出来ると言われています。
もちろん、業者によっても下取りに力を入れている所もありますので、一概には言えません。
そのため、詳細は査定依頼をする必要があるのですが、複数の業者と比べる事で、より高くバイクを売却が出来る可能性が高くなります。

また、買い替えを検討している方は、下取りの方が手間をかける事なく売る事が出来ます。

このようにそれぞれの方法によってメリット・デメリットは異なりますから、それぞれの違いはしっかり把握した上でどちらにするか決めるようにしましょう。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする