オークションでバイクを売却したい

この記事の所要時間: 237

オークションでバイクを売却

オークションでのバイクを売却について記載しています。

インターネットが発達した事によって、現代の生活は様々な事が便利に行えるようになり、その便利になった事例の一つとして挙げられるのが「オークション」の存在です。

かつてまでオークションというのは専門のスタッフや業者だけが参加出来る空間であり、かなり閉鎖的な場となっていました。
中には個人で出品出来ると言うような事もありましたが、実際には様々な規約をクリアしなくてはならないため、個人での出品はかなり困難だったと言えます。

ですが、現在ではこうした事もインターネットで行えるようになり、バイクに関してもネットオークションで売却される姿がよく見受けられるようになりました。

オークションでの注意点って?

ネットオークションでバイクを売却したいというような考え方に関しては、幾つかの点に注意が必要です。

売れ残り

まず一つ目として「どのようなバイクでも買い手が現れなければ、いつまでも売れない」という事が挙げられます。
これは買い手になる人が、売り手に直接コンタクトを取らなくてはならないオークションならではの欠点です。

業者が買い取るのであれば店頭に並べて買い手を待つ事も出来ますが、こうした場に出品する場合は、買い手が付くまで自分が責任を持ってバイクを管理し、買い手が付くまで状況を可能な限り維持するのが求められます。
買い手が付かなかったのであれば、いつまで経っても売却が成立しないという事になりますので、場合によってはかなり根気強く待たなくてはならない場合もあるわけです。

トラブル

「インターネットの個人間取引はトラブルが多い」という事も挙げられます。
これが、ただ品物を送れば良いだけの取引であればまだ良いのですが、バイクの場合は法律上の所有権を明らかにする必要があります。
自賠責保険や自動車税などの発生にも関わりますし、万が一所有権を変更するのを忘れていたと言う事になれば大問題です。

そして、その所有権の変更についても基本的には売却する側が主導していく必要がありますから、こうした法律上の知識も最低限抑えていなくてはなりません。

買い叩かれる

その他にも、オークションでは互いが納得しさえすれば良いわけですから、市場相場とは明らかに離れた安い金額で買い叩かれる可能性がある事や、契約が成立してから何らかの交渉トラブルが発生する可能性もあります。
もちろん、高く売れる可能性がある事などはメリットなのですが、こうした形で売却を検討するのであれば、相応のリスクがあるとして考えておくようにしましょう。

現在では、インターネットなどの普及によって、買取業者に売却を依頼したとしても高く売れる可能性が高いと言えます。
そのため、オークションのようなリスキーな売買をするのではなく、しっかりとしたプロに依頼するというのは、非常にメリットが大きいと思います。

一括査定などを利用して、複数の業者に価格を競わせる事で、自分に思っている以上の価格になる可能性もあります。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする