バッテリー切れのバイクを売却する

この記事の所要時間: 249

バッテリー切れのバイクを売却

バッテリー切れのバイクは、正常な走行が行えない状態ですが、その他に異常が無ければ売却する事は出来ます。
バイクの査定で、完動品が求められる場合は、バッテリー切れがバイク売却の問題になる可能性は高まります。
しかし、中古市場のバイクは完動品ばかりではなく、僅かな欠点は問題視されない事もあるので、バッテリー切れ程度で完全に手放せなくなる事はありません。
ただ、バイクを高額で売却したいのであれば、バッテリー切れの問題解決を済ませておく事は大切です。
手間を掛けたくない場合、小さな問題を残したままバイクを売却する事は出来ますし、査定が拒否される事は限定的と言えます。

バッテリー切れのバイクでも高く売る方法は?

小さな手間を惜しむ事によって、売却時の価値が低下する可能性は十分にあります。
バイクは、走行出来る十分な状態に加えて、外装の美しさや総合的なバランスが求められます。

中古であれば、何らかの問題が潜む可能性は十分で、状態が良くないものはバッテリー切れ程度では済みません。

また、高額な修理費が発生する事もあるので、現状を理解してからバイクの修理を考える事が重要です。
バッテリーの金額は、新品で購入してもそれ程高額ではなく、交換費用をかける事でバイクの値が上がる確率は高まります。
必ずしもバッテリーだけがバイクの価値を左右しませんが、買い取る側が重視するポイントであれば、十分修理や交換を考える価値はあります。
ただし、業者自身が修理した方が安くなる可能性もありますので、そのまま査定をした方が良い場合もあります。

バッテリー切れを修理する際のポイントは?

売却を考える時のポイントは、状態を隅々まで把握したり、解決出来る問題点は優先して済ませる事です。
コストや時間がかからない問題であれば、速やかに解決する事が出来るので、手間なくバイクの価値を回復する事が行えます。
費用や時間的なコストが発生する場合は、出費に見合う結果が得られるか考えたり、無視する事も選択肢に加えて考慮する事が買取を上手く行う為の秘訣です。

バッテリーの問題は、車両維持に関する基本的なトラブルなので、解決を済ませた方が売却側の手放し易さが向上しますが、工夫次第でそのままでも売買を成立させる事は出来ます。

オークションという手段もある

身近なお店で買い手が見付からなかったり、査定すら拒否される時は、オークションの利用も一つの手段になります。
オークションは、個人も参加する一大市場なので、多少の状態が悪くても売買が実現する可能性は高まります。
基本的に個人同士のやり取りなので、バッテリーが切れている事に対しては、交渉次第で値段に影響する事もあります。
状態が良く問題が見付からない時は、中古店で査定を受ける事が最も簡単で、効率的かつ無駄のない選択肢になります。

だたし、オークションの場合には、個人間売買なのでトラブルはつきものです。
さらに言えば、売る時間もかかります。
現在では、買取店に依頼しても高く売る事は可能なので、オークションを考えている方も一度は査定依頼する事をオススメします。

複数の業者に査定依頼をする事で、バッテリー切れのバイクでも高く売却する事が出来る可能性は高いので、ぜひ試してみると良いでしょう。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする