バイク売却の価格交渉術

この記事の所要時間: 227

バイク売却の価格交渉術

バイク売却の価格交渉術について記載しています。

バイク売却の際には誰しも「少しでも高く買い取ってほしい」と考えるものですが、実際に高く買い取ってもらえるかどうかは、それぞれのケースによってかなり異なるというのが現実です。

もちろん、バイクの品質自体にかなり難があるという事であれば高値が付く可能性は低いでしょうが、バイクの品質が確かであったとしても、その価値を引き出せるかどうかは売却時の交渉による部分が少なからずあるのです。

相見積もりをして交渉する

バイク売却の際の交渉術としてはどういった所があるのかと言うと、まず最も重要なのは「相見積もりにする」事でしょう。
これは複数業者に対して査定を依頼すると言う事ですから、事前に「複数の業者に査定を依頼しています」と言っておくと、業者は他社に買い取られてしまう事が無いように普段よりも高い価格を付けてくれる可能性が高くなります。
ここは最も基本的な部分であり、かつ手間もそこまでかからない部分ですから徹底するようにしてください。

自分から希望額は言わないようにする

相見積もりにした後の交渉術として重要なのは、「自分から希望価格を言わない」事でしょう。
バイクを買い取る業者ではよく「いくら位の買取をご希望ですか」と声をかけてくるのですが、これはあくまでもどれ位の価格であれば納得しそうかを探るための言葉です。

もしそこで本来の相場より安い価格を提示してしまうと、「それなら相場より少し引いた価格を提示すれば買い取れそうだ」と業者に思わせてしまいますから、希望額は間違い無く言わない方が良いのです。
中には希望額をしつこく聞いてくる業者もいますが、この業者はどうあっても安く買い叩いてやろうとしている業者ですから、その場で帰ってもらうようにしてください。

オークション形式で交渉

もしそのバイクに自信がある、例えばもう生産が終了しているレアモデルだというような場合や元々の新車価格が数百万円する高級モデルだと言うようであれば、業者に同時に来てもらって、査定と買取価格提示をしてもらうオークション形式にするという手もあります。
この際には、「今日この場で売る準備は出来ていますから、最も高い価格を提示してくれた業者に売ります」と明言してしまいましょう。
そこに車検証や自賠責保険証、印鑑といったような売却に必要なアイテムを揃えておくと説得力はさらに上がります。
そして、レアモデルをオークション形式、いわゆる「セリ」によって売却すると、業者としては安い価格を絶対に提示できなくなります。

交渉はとにかく頭を使う事が大切です。
もちろん、そこで相手の業者に失礼な事をすると言うのは避けるべきですが、大切にしていたバイクを手放すのであれば、なるべく良い業者に引き渡すためにも、こうした事をしっかり行っていくようにしましょう。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする