バイク廃車の必要書類について

この記事の所要時間: 224

バイク廃車の必要書類

バイク廃車の必要書類について記載しています。

年数がしばらく経過したバイクに置いては、使用の度合いに応じて廃車にすると言った決意も重要になります。
放置しているバイクの場合には、税金が必要になる事もありまし、燃費の良いモデルが各メーカーから販売されるようになり、長い目で見れば得をするような場面も出ていく事になるからです。

さらに、廃車をするには自家用車のような正式な手続きというものが重要になっていき、全体の流れを当事者が把握しておく必要があります。

近くにバイクを売却出来るような店舗が見当たらない場合は、オークションで取引をするという方法もここ数年はあるので、パソコンが得意であればこの方法も有効となります。
ただし、バイクをオークションで行う場合には、廃車手続き、名義変更など、様々な面倒な手続きを自分で行わなければなりません。
また、クレーム対応などもありますので、十分に注意する必要があります。

一定の知識を得る事が出来るよう、まずはインターネットで最低限の情報を収集する部分が賢明になってきます。
それに加え必要書類に情報を記入して、無事に廃車出来るような方針を取る事が重要になっていきます。

必要書類は具体的には何が必要?

具体的な書類は下記の通りになります。
自分で用意するもの、陸運局、役所にあるものなどがあります。

125CC以下のバイクの場合

ナンバープレート
標識交付証明書
印鑑
廃車申告書

※市区町村の役所にて手続きを行います。

126cc~250cc以下のバイクの場合

ナンバープレート
印鑑
軽自動車届出済証
軽自動車届出済証返納届
軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
住民票(※引越ししている場合)

※ナンバープレートを管轄する陸運局(運輸局)にて手続きを行います。

251cc以上のバイクの場合

抹消登録申請書
手数料納付書
ナンバープレート
車検証
軽自動車税申告書
委任状(※代理人が行う場合)
印鑑
手数料500円程度

※ナンバープレートを管轄する陸運局(運輸局)にて手続きを行います。

廃車手続きが完了した後は、自賠責保険の返還請求も忘れずに行っておきましょう。

廃車買取の専門業者

廃車を専門に買取をしている業者も最近では現れています。
廃車のような動かないバイクだとしても、解体をしてパーツとして再販する、鉄などをリサイクルすると言った価値を見い出しています。
そのため、思っている以上の価格で買取が出来る場合もあります。
必要書類においても、買取業者側から指示がありますので、スムーズに取引を行うことが出来ます。
書類さえ揃っていれば、あとは全て無料で代行してくれるというメリットもあります。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする