バイク売却の税金について

この記事の所要時間: 217

バイク売却の税金

バイク売却の税金について記載しているページです。

バイクと言っても排気量によって区分が異なり掛かってくる税金も事なってきます。
一方で税金の課税されるタイミングがあり、上手く売却する事で無駄な税金を支払わずに済ませる事が出来ます。

まずはバイクの種類を把握しよう

バイクの区分としては、エンジンの排気量で決まっており、125cc以下は原動機付自転車という扱いです。
125cc以上250ccのバイクは、軽二輪と呼ばれるもので、車検が不要というメリットがあります。
また、250ccから400ccまでは普通自動二輪、400ccを超えるバイクは大型自動二輪となります。

各バイクの維持費は?

維持費としては、50cc以下で普通自動車免許でも乗れる原付一種であれば年間2万円程度で、普通自動二輪免許が必要な125ccまでの原付二種は2万5千円程度です。
原動機付自転車の場合には自動車保険のファミリーバイク特約で任意保険が付けられるメリットがあり、保険料が割安と言ったメリットがあります。

一方で、250ccまでの軽二輪の場合には年間8万円、400ccまでの普通自動二輪であれば年間13万円、400ccを超える大型自動二輪は年間15万円程度になります。
これらは任意保険を掛ける必要がありますし、車検がある場合には車検費用もかかります。
また輸入車などの場合には、消耗部品であっても割高な傾向にあり維持費が掛かります。

必要な税金は?

税金に関しては軽自動車税があります。
平成28年からは90ccまでであれば、年間2,000円で、125ccまでは2,400円となり、250ccまでの軽二輪の場合には3,600円で重量税が4,900円となります。
なお、軽二輪の場合には新車購入した際に1度だけ支払うものになります。
一方で250cc以上のバイクは6,000円で、重量税が年式に応じて異なり、バイクの年式が12年までは1,900円、13年以上が2,200円、18年以上が2,500円になります。

軽自動車税に関しては、1年に1度課税されるもので自動車の自動車税と同じ扱いになります。
この課税のタイミングが、4月1日に保有している人に対して課税される事になります。
このため、バイクを売却を行う場合には、4月1日までに売却すると余分な軽自動車税を支払わずに済みます。

なお、一括払いが原則であり、途中で廃車にしても月割による還付などはありません。
一方で重量税に関しては廃車などを行った場合で、車検まで1ヶ月以上ある場合には還付を受ける事が出来て、250cc以上のバイクであれば税金を取り戻す事が可能です。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする