バイク廃車の税金について

この記事の所要時間: 236

バイク廃車の税金

バイク廃車の税金について記載しているページです。

自動車やバイクの廃車手続きは、税金や保険の内容に及ぶ所まで見ていく必要があるため、まずは全体的な流れを把握する方法が重要です。
特にバイクにおいては、必要になる書類がいくつか分けられている事から、ひとつひとつの内容をしっかり見て、着実な申請を行う方法が大切となります。

初めての人でもスムーズなやり取りが出来るように、現在ではリサイクル法に沿った内容を推奨していくような動きが強まっているので、その内容に従って事を進めていくようにする部分が賢明です。
不法投棄の問題に関連するのが廃車であるため、適切な処理をしてくれるような業者を選んで、しっかりとお金を払って手続きを済ませる方向が大切な事となります。

自賠責保険などの保険

自賠責保険やその他の保険プランへ加入していた場合は、バイクを継続するかどうかによって、その後の状況が大きく変わっていきます。
大概が解約において手数料を課されるため、このような部分でも有料になる覚悟を持ち合わせておく事が大事です。
税金にまつわる問題に関しては、プロのノウハウを持ったスペシャリストにアドバイスを請うような姿勢が重要な内容になる事から、慎重なやり取りを実践する部分が大切なのです。

廃車を終えるまでに中長期的な時間がかかっていく事柄も予測されるので、まずは無料査定などの工程を踏まえて、建設的なプランを組んでいくようにする内容が、良い結果を生むような流れになると思います。
その一方で、バイクに乗る機会がまだあって新たな車種へ変更を希望しているならば、廃車よりも下取りや買取のサービスに出す方が結果的にはプラスに働きます。

税金の問題などバイクの売却には色々な手間がありますが、社会の役に立てるような意識を持つ事で、より良いライフスタイルを演出していく部分にも繋がっていくのです。
バイクを愛するライダーの多くは、節度あるマナーを望んでいる傾向がある事から、そういった意見も自然と出ていきます。

バイクを廃車しないと税金が課かる

4月1日の時点でバイクを持っている場合には、1年分の税金を支払う事となります。
もしも廃車や売却を検討している方は、4月1日までに行うことをオススメします。

バイクの場合は、軽自動車税であって、自動車税ではありません。
軽自動車税の場合には税金の還付がありませんので、十分に注意したい所です。

自動車重量税

自動車重量税の場合には、廃車・売却をした時に還付があります。

・125cc以下:なし
・126cc〜250cc以下:新規購入時4,900円
・251cc以上:1年当たり1900円、初度登録から13年経過している場合1年当たり2,200円、初度登録から18年経過している場合、1年当たり2,500円
※251cc以上の場合には、車検毎に支払いが生じます。

上記の重量税の場合には、月割りにて還付があります。
詳細は、売却依頼をする買取業者に相談すると良いでしょう。

一括査定で10万円が16万5千円に【6万5千円も高くなりました】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、「バイク比較.com」です。

【バイク比較.comをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準を通った買取り業者が全国55社以上
  • 約30分の入力で複数の会社に一括査定が出来る
  • 利用者数40万人以上でトップクラスの実績
  • 名義変更・廃車手続きも無料代行
  • 事故バイク・不動バイクなども買取対象

約30分の入力で、最大6社の車買取り業者と比較をする事が出来ます。
24時間以内の返答で急いで現金が必要という方にもオススメとなっています。

バイク比較.comの画像

大手のバイク買取業者も含めた複数の業者と比較が出来るため、高く売れる可能性が高くなります。

バイクの売却を検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「バイク比較.com」に査定依頼する事をオススメします。

⇒「バイク比較.comの無料一括査定はコチラから出来ます
⇒「私のバイク売却の体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする